即日融資も可能!審査の早いカードローンランキング
*

年収の3分の1以上のお金を借りる方法


法律で総量規制というものが定められています。簡単に言えば、年収の3分の1までしか借入ができないという規制です。これは個人が返済能力を超えた借入を行わないように設定されているものです。(昔はグレーゾーン金利などで借金返済が難しくなり自己破産したり、最悪の場合は自殺したりというケースが多かった)

ここで年収400万円のXさんを想定します。Xさんはすでに消費者金融各社から借入があり、総額は133万円、つまり年収の3分の1を借りています。すでに総量規制の限度額に達しているので(厳密にはあと3,333円借りれますが)、これ以上の借入はできないように思えます。

しかしながら、歩いているとふと目に留まった電柱の広告に「年収の3分の1まで借りている方でも歓迎。今日中に融資可能です。」と書かれているのを見つけて、「へぇ、自分でもまだ借りれる方法があるのか。さっそく電話してみよう。」と電話をかけてしまいました。普通は「こんな広告は怪しすぎて無視するでしょ」と思えますが、追いつめられた状況では冷静に判断できず甘い言葉に騙されやすい精神状態になるのです。すると電話口の相手はこう言います。

「当社ではいくつかの金融機関に対して顔が効きます。これから紹介するところへ連絡して相談してみてください。ただし、その前に紹介料として指定する口座へ1万円振り込んでください。」

Xさんは追いつめられているので「1万円払うから教えてほしい」と頼んでしまいます。そして、何も考えずに指定された口座へ1万円振り込んでしまいました。

「お振込みを確認できました。それでは今から連絡先をお伝えしますのでメモしてください。話は通しておきますので、年収の3分の1以上の融資も可能と思いますよ。」

そして実際に紹介してもらえたのは、オリックス銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローン、楽天銀行スーパーローン、新生銀行カードローン レイク。…これって、銀行カードローンですよね。実際に融資をお願いしてみますが、どこの審査にも通りません。確かに銀行カードローンは総量規制の対象外ですので、年収の3分の1という縛りがありません。ただ、限度額近くまで借りており、信用状態の悪いXさんでは銀行カードローンの審査に通る可能性はほとんどゼロです。

shoukaiya

紹介屋と呼ばれる詐欺師集団

この手口は、「紹介屋」と言われるものです。紹介屋とはこの例のように、「総量規制の枠を超えて貸し出す業者を紹介します」という誘い文句で顧客を釣り、紹介料という形でお金を得ています。早く言えば詐欺師です。

しかし、訴えようにも「我々は間違った情報は渡していない」と言われてしまいます。確かに貸してくれる可能性はかなり低いにしろ、内容は間違ってはいません。借入できる確率は低いにしろ、絶対ダメというわけではないため、もし借入できた場合は借入額の何%かを情報料として寄こせと脅される場合もあるそうです。これは相当悪質ですね。

総量規制の具体的な内容

「総量規制」とは、貸金業法で定められている貸付金額の制限のことです。顧客に対して、貸金業者が一定の金額以上は貸し付けられないようになっています。現在、消費者金融や銀行系カードローン、キャッシング、クレジットカードなどの利用が一般的になると共に、多重債務者が増え続け社会問題となったことから、規制が始まりました。手軽にお金を借りられる仕組みができたことで自分の年収以上、返済能力以上の借り入れをしてしまい、結果的に多重債務となって自己破産に至ったりする人が続出したためです。この総量規制によって、貸金業者は顧客に対して、顧客の年収の3分の1を超える額の貸し付けができなくなりました。例えば年収300万円の人に対して貸し付けられる限度額は100万円まで、というようになっています。

具体的には、顧客が50万円以上の借り入れを申し込んだ場合、貸金業者側では、その顧客が他の貸金業者から借り入れをしていないかどうか、その額が顧客の年収の3分の1を超えていないかを確認しなければなりません。この確認は、貸金業者が加盟している個人信用情報機関に照会して行なわれます。また他業者からの借り入れがなかったとしても、申し込み希望の総貸付額が100万円を超える場合には、源泉徴収票や確定申告書などといった収入証明書で顧客の収入をきちんと確認しないと貸し付けができないことになっています。

この総量規制は、顧客を多重債務から守る法律として制定されましたが、年収の3分の1以上の借り入れができなくなったことによって、一時的にせよ必要な額の借り入れができなくなり、困った顧客も少なからずいたようです。もちろんこの法律は貸金業者にとっても貸し付けの額が制限されるためマイナスであり、同時期に定められたグレーゾーン金利の問題と相まって、貸金業者の事業を大きく圧迫したようです。

しかし一方で、貸金業法の対象とならない銀行ではカードローン、キャッシングなどの総額が総量規制の対象外とされました。そのため、一部の貸金業者の中にはあえて銀行化し、貸金業法ではなく銀行法の下で事業を展開するようになった業者もいます。その代表的な業者には、楽天銀行やオリックス銀行などがあります。

銀行系カードローン以外にも、総量規制の対象外、例外となるケースもあります。住宅ローンなど不動産購入目的のローン、自動車を購入するためのマイカーローン、また高額医療費などの緊急医療費などがこれに当たります。

>> 即日融資カードローンのランキングはこちら

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


年収の3分の1以上のお金を借りる方法関連ページ

生活保護!?生活苦でお金を借りる場合の注意点
生活苦によってお金が足りなくなってしまった場合には、何らかの形でお金を手に入れなければなりません。 どうしても困ってしまった場合には公的な融資を受け取るという方法がありますが、それは非常にリスクが大きいことを知っておかな […]
すぐに3万円!専業主婦でも借りられるローン
専業主婦はその名の通り主婦として家事をこなしているだけで収入を得ているわけではないため、基本的にはキャッシングの申し込みをすることはできません。 貸金業者は貸金業法という法律に縛られて貸金業を営んでいるわけですが、その中 […]
夫の借金は妻が返済しなければならないか?
夫の借金が発覚、妻である私はパートタイマーで借金返済なんてできない……でも、そもそも夫の借金は妻が支払わなければならないのでしょうか? 他人の借金の返済義務があるのは連帯保証人になった場合のみ 基本的には、他人の借金に対 […]
学生が親バレせずにキャッシングする方法
学生は自由な時間も多く、勉強、遊び、趣味、サークルなど、何をやるにしても色々と出費が重なってしまうものです。 通販やネットの発達によりクレジットカードの利用は増加しましたが、どうしてもまとまった現金が必要になった場合にキ […]
おまとめローンで失敗しない4のポイント
いくつかのキャッシング会社から借金を重ねてしまい、返済に困った場合には「おまとめローン」を利用することができます。 おまとめローンとはその名の通り、複数の会社からの借り入れを一つの会社にまとめ、その会社にのみ返済を行うと […]
おまとめ!複数業者からの借入を1本にまとめる方法
いくつかの複数業者からキャッシングを重ねてしまった場合、きちんと返済できるならば問題ありませんが、返済に困ってしまった場合やより返済を楽にしたい場合には「おまとめローン」というサービスを利用することができます。 おまとめ […]
即日融資の申し込みから返済までの手順
最近では、多くの金融機関で「即日融資」というサービスを提供しています。その名前の通りキャッシングの申し込みを行った当日に振り込みをしてくれたり、ATMの利用により現金を手に入れたりすることができるサービスです。 よほど信 […]
即日10万円借りる方法【人気の低金利カードローン】
給料日前だけど、どうしても今日中に10万円必要!といった場合には、即日融資を行ってくれるキャッシングサービスを利用するといいですね。キャッシングは各社でそれぞれいくつか特徴が異なるため、シチュエーションに応じて使い分ける […]
無職・無収入でもお金は借りられるの?
結論から言います。 無職・無収入ではお金を借りることはできません! 不動産担保ローンなどの有担保ローンは別ですが、消費者金融での借り入れを考えた場合、彼らは基本的に無担保で貸し付けを行っており、顧客の信用を基にお金を貸す […]
キャッシング履歴は住宅ローンへ悪影響を及ぼすか?
キャッシングを行う際には、自分の個人情報を提出する必要があります。提出された個人情報は申し込みを行ったキャッシング会社のみで利用されるわけではなく、「信用情報機関」という個人情報の収集・提供を行う機関に登録され、すべての […]

トラックバックURL

http://www.shawshankredemption.net/movies/%e5%b9%b4%e5%8f%8e%e3%81%ae%ef%bc%93%e5%88%86%e3%81%ae%ef%bc%91%e4%bb%a5%e4%b8%8a%e3%81%ae%e3%81%8a%e9%87%91%e3%82%92%e5%80%9f%e3%82%8a%e3%82%8b%e6%96%b9%e6%b3%95/trackback/

1件のコメント »


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です